現在の閲覧者数:
fc2ブログ

Lubuntu12.04をINSPIRON1150で立ち上げてみた

LinuxBeanがINSPIRON1150で動作しない問題だが、この解決方法(いまだ不明)の予想が「一旦R50eで内蔵HDDインスコして設定をいじりINSPIRON1150にその内蔵HDDを移植する」くらしか思いつかなかった。
またこれを成功させるには結構な勉強と労力と手間とが必要なのは明白であり、申し訳ないが現状ではLinuxBeanを全PC対応USBメモリ運用向けLinuxとして採用することはできないということになった。

現状ではこの分野は(いささか不満は残るが)一応R50eでもINSPIRON1150でもなんら問題なく動作しているWindOSを採用しており、4GBのUSBメモリ一本を絶賛占拠中である。
この階級の競合では菩提はR50eで動かなかったし、コナは所詮WindOSが土人化してメタボったものに過ぎないし、エコは本体がサポート切れだし、Swiftは正直インターフェースが気に入らない。
さらに下の階級ではパピーは常時Rootがなんか嫌だし、DSLとTCLはいずれもINSPIRON1150では色がおかしくなる。
もっと言えばDSLはそもそも本体は滞ってるんだか凍結してるんだか死んでるんだかわからないし、TCLはそんなに太らせても仕方ない感じがする。
そこで、LinuxBeanよりは階級が上がるが、大抵のマシンで動きそうなLubuntuの長期サポート版12.04を40GBの内蔵HDDにインスコして色々なアプリで太らせ、LinuxBeanはR50eに入れた6GBの内蔵HDDでスマートにアプリを絞って運用する感じにしようと思い立った。

LubuntuはこのCD-RWには入りきらない700MB足らずなのでDVD-RWに焼いてINSPIRON1150でLive起動。
デスクトップまでたどり着くのが遅いのは織り込み済みだが、無事立ち上がってくれた・・・、さすがは思いやり公式ファミリーの汎用性だ。
立ち上げ直後の消費RAMは160MB足らずであり、LinuxBeanランカーの軽量級Linuxなんかと比べると二倍近いがまあこんなもんで仕方ないだろう。
あとは実際にR50e内蔵HDD運用してみてLinuxBeanほどの軽快さが果たしてあるのかどうか試してみるだけだが、LinuxBeanで手当たり次第にDLしたゲームなどのアプリを一通り体験していくのが先かもしれない。
WinXP2014年問題は「ウチではもう解決した」という意味で、Lubuntu本格運用はそんなに急がない問題なので、実際のところもっと先の話でもいいだろうな。

ただ一部でLubuntuの内蔵HDDインスコは「Ubuntuほど確実に成功する確率は高くない」とされているようなのでひょっとしたらオシャカになるかも知れない。
だからってUbuntuをLubuntu仕様にしていく作業はもうこりごりです><

第1546回「最近、怒ったことを教えてください」

トラックバックテーマ 第1546回「最近、怒ったことを教えてください」

2011年の3.11で色んな奴に対して怒りがわいて(尚その3分の1は某県被災者の大多数に対して)以来、大抵のことには怒らなくなった大人な私がここにいますよ^^

二次元世界のあなったー

ここで診断してみた結果。
私がもしも二次元世界だったらこうなってるだろうというもの。

きゃっぺは142cm/B79/W61/H89、髪は赤紫、関西弁属性で性格はセクハラ大臣、一人称は妾、トレードマークは瓶底眼鏡、最終的に主人公とは結ばれません。

キャプテンペガサスは148cm/B82/W50/H79、髪は黒、メイド属性で性格は可愛いもの好き、一人称は私、トレードマークは缶バッジ、最終的に主人公と結ばれます。

やったね!さすが正式名称は強いぜ。

SwiftLinuxレギュラーを起動してみた

antiXというアメリカはMEPIS派生の省RAM軽量ディストリビューションやPuppyLinuxLinuxMintに影響を受けたというSwiftLinuxをのレギュラー版を試しに起動させてみた。
ところでダイエット版はLibreOfficeを搭載してないないものらしい。
入れっぱなしだと当然英語版のままだが日本語版にするのも他のエディションを試すのも面倒なので私はやめとく。

このSwiftLinuxかつてはantiX派生だったらしいが、どうも今回のバージョンはLinuxMintの軽量化したものらしい・・・英語は良くわからんがたぶんきっとそういう噂。
レギュラーの本体はよくある650MBの壁を越えてしまったがまあ入るCD-Rもあるであろう670MB程度、しかし立ち上げた時点の消費RAMは70MB以下というのは大したものだ。
雰囲気は確かに、字の野暮ったいまでの大きさやシングルクリック制の採用がPuppyLinuxを彷彿とさせる。
しかしPuppyLinuxのように全体的な解像度を下げてるわけではないようだ。
多くの派生を輩出しているDebianの血統なので、使えるアプリもPuppyLinuxよりはバラエティに富んでいるのだろう。

感覚としては実質WindOSがまるっきりアメリカンティーンエイジャーになって「内蔵HDDにぶっこむタイプのPuppyLinux」みたいな操作性の軽量級Linuxってとこか。
ただLinuxMint派生だけにそこらへんの優れた要素も継承しているんだろうが、具体的にLinuxMint(今年最もDLされたLinuxらしい)がどう優れてるのかは詳しく知らないけどな。
公式HPの英文を見る限りドライバやコーデックの対応とかを意識したんだろうか?
というとLinuxMintが優れてる要素はまさにそこか。
他にもここではWindowsとLinuxとの比較だのお試し方法だのFAQだの結構わかりやすく書かれている・・・んだろうなぁ英語は良くわからんが。

さらに、テイラーだのシリコンバレーだのの特別版は多分Kubuntu改造品であるHannahMontanaLinux(アメリカのTVドラマ「シークレットアイドルハンナモンタナ」萌え仕様のものか?)の影響を受けた特定ファン仕様のものっぽい。
詳しく調べる気力はないので真偽を確かめたい奴は公式HPで英語とにらめっこしてやがれ。

PageTop

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ