現在の閲覧者数:
FC2ブログ

銭とOS

現代のLinuxディストリビューションは生物学と同じく、大本の派生もとが存在している。
この分け方にも大小さまざまなレベルがあるが、大雑把に言えばDebian派生とRedHat派生が特に勢力を伸ばしているといわれている。
例えばUbuntuもDebian派生である。
linuxBeanを例にすればDebian派生のUbuntu派生、ということになる。
誰かがlinuxBeanをもとに新たにディストリビューションを発表すれば、Debian派生のUbuntu派生のlinuxBean派生ということになる。
今まで当ブログではUbuntu派生の奴がとっつきやすいので記事が多かったが、今回は初めてRedHat派生を動かしてみたので紹介しよう。
その名は「CentOS(セントオーエス)」である。

CentOSといえば通貨単位のセントが由来かと思ったらそうではなく、Community ENTerprise Operating Systemの略だそうだ。
企業のサーバなどでよく見られるRedHatの「主力商品(つまり有料)」として有名なRed Hat Enterprise Linux(通称RHEL)の無料品種として扱われている代物だ。
あくまで無料なので利用は自己責任ということだが普通にサーバ用途で使われることが多く、RHELに深くかかわるその手の職種の人間(を志望している者も含む)がご家庭でデスクトップPCにぶち込んで使ったりするようである。

そんなわけでINSPIRON1150上でオフラインでCentOS6をUSBメモリから起動してみた。
デスクトップ環境がGNOMEだからなのか起動は遅めである。
サーバ用途出身らしくファイやウォール設定などそっち系のメニューが鎮座していた。
内蔵アプリはFireFoxにThunderBirdにGIMPなど、大きめだがご無難なものがざっと置いてあった。
同じくRedHat派生の有名なディストリビューションにFedora(フェドラ)があるのだが、こちらは先進技術が意欲的にぶちこまれているらしいものの「存在そのものが人柱のようなもの」なので物好き以外には勧められない代物のようである。
素人はおとなしく「有料で安定したRHELを無料版にダウングレードしたCentOS」を使っておけということらしい。

しかし私はRedHatのサーバ運営にかかわる職種ではないため、特にその派生であることにこだわる必要もない。
よってCentOSは一回試しただけで終わりということなのでした^^
またねー。
関連記事

第1587回「あなたは年相応?」PageTopconky設定一段落

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ