現在の閲覧者数:
FC2ブログ

にっき

LinuxMint14のCinnamon版をUSBメモリでLive起動してみた。
R50eでは「なんかこうCPUが対応してない」とかいうメッセージが出たので無理だったが、INSPIRON1150で起動成功した。

LinuxMint13のMate版に比べるとやはり起動は重いようだった。
起動だけでなく挙動も重い。
フォルダ移動にいちいち1秒ちょいほどロード(Winでいう砂時計)しやがる。

ふーむ、これがGNOME2ベースとGNOME3ベースの違いなんだろうか?
重くて使いにくいと評判のGNOME3をGNOME2に近い操作性に改良したのがCinnamonらしいが、私にとっては現代のPCに入れるわけでもないので重いのは困るわけだが。
ちなみにLinuxの創始者リーナス氏はかつてGNOMEユーザだったGNOME3をボロカスに非難しXfceユーザに乗り換えたらしい。
なんか大人気ないといえばそれまでだが、本家に叩かれたらたまったもんじゃないだろう。

今のところ安定性では劣るが将来性と見てくれとカスタマイズのしやすさはMateを上回るらしいが、例によってカッコ良さより現実の挙動の速さを重んじる保守的な私にとっては何がいいのか良さがわからなかった。
LinuxMint14はサポート期間が短いUbuntu12.10ベースである上、そもそも使えるマシンが限られるという時点で私には基本的に用のないブツであったので、遠慮なくUSBメモリはまっさらにさせてもらうのでありました。
さあ次は何を試そうかな。
関連記事

PC初心者はlinuxBeanを使うな!PageTop第1589回「これだけは飽きない、という食べ物は?」

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ