現在の閲覧者数:
fc2ブログ

ネットブック大量絶滅

かつて某マイク●ソフトがVista不調に苦しんでいたころ、リーマンショックによる世界的不況も相まって、パソコン買い替え&新規調達に金をかけたくない潜在ニーズ汲み取りと、とくに発展途上国でのIT貧富格差の解消という崇高な目的のもと、世界初のネットブック「易PC」は野に放たれた。
しかしネットブックは当初Linux搭載という前提のマシンであり、WinXPを普通に搭載するには無理があるスペックであった。
かといってこのネットブックがあまり繁栄してしまうとマ●クロソフトは本格的に食い扶持を失いかねない。
そこで低価格かつ軽量化の施されたバージョンの「ネットブック専用WinXP」を搭載させるようネットブックメーカーに圧力をかけたといわれている。
今思えば予定よりWinXPのサポート期間を伸ばしたのもネットブックを利用して売上を維持しようという戦略だったようだ。
ネットブックの定義をだいぶ低性能とし、ネットブックにより市場破壊に苦しむ従来型高性能高価格PCメーカーにカテゴリ住み分けを保証させ、盟友イン●ル社にそれ用のCPU「Atom」の受注を促すようにもした、そんな感じらしい。

結果として「ネットブック特需」で一斉を風靡した台湾メーカーは躍進、マイクロソフ●も収入が途切れないことでWindows7の定着も無事整い、PC浸透度アップのおかげかPC部品の価格も低下していった。
しかしスマホとタブレットの雛形を某アッ●ル社が提示するや世界は一気に性能の制限されたネットブックを見限り、いつのまにかスマホ&タブレット用の廉価OSのアンドロなんとかが躍進し、こんにちに至る。

そういうわけですっかり旧時代の遺物に成り下がったネットブックは2013年の今では新品の調達が困難である。
WinXPのサポートは今度こそ終了されるし、ネットブックのスペックに通常のWin7は無理があるといわざるを得ない。
Vista不人気とPC人口増加の時流に乗り、Linuxの世界も世間でのUbuntu台頭など躍進がみられていた、とはいえ、やはりWindowsほどPC初心者にやさしいOSではないのは確かである。
一般人に対してLinuxプリインストールのネットブックとスマホやタブレットの類、どっちをとるかといったら普通は後者である。
前者が現代も実在するとして新品本体価格はiOS入りの以外はだいたい同じくらいだと思われる。

これではネットブックは新品で売れる余地がない。
ネットブックは滅ぶべくして滅んだ、つなぎのカテゴリに過ぎなかった、そう思うのが普通の人間の考え方だ。
関連記事

サーフェスRTが今や最安値35000円であるPageTop易PCってもう生産終了してたのか

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ