現在の閲覧者数:
FC2ブログ

2014年もXPパソコンを使い続ける方法

いよいよ2014年4月からWindowsXPのパソコンがOSサポート切れになり、実質ネットで使えなくなる。
一般の人であれば、PCがあまり古いならWin7か8入りの奴に買い換えるか、CPUがCORE2DUOあたりのまあまあいい奴ならある程度増強してOSだけアップグレードしたりする手もある。
しかしながらまだまだ古いXP機が普通に稼動する状況ならば手放すには惜しいところだ。
いまさら売りに出しても二束三文どころかあまり古いと買い取り拒否すらされる、これなら今後も持ってたほうがいい。
メインの調子が悪いときの予備にもなるし、いざとなればメイン機のHDDやSSDだけ取り出して外付けケースに入れてUSB接続し、データ吸出し要員を任せたりできるからな。

だからといって後生大事に押入れに眠らせておくのもそれはそれで勿体無い、単なるデッドスペースだ。
高性能なメイン機と同時に働いてもらう方法もあるのだ、低性能マシンならではの方法で。

最近のPCは高クロックのマルチコアCPUは当たり前でストレージやRAMの容量に余裕がある(もてあまし気味?)な事が少なくない。
だから逆にネットにつながず、負荷が大きく処理に時間がかかる作業「動画エンコード」の専任マシンにしてしまう事もできる。
その間、大して負荷のかからないXPマシンは「何らかの方法でLINUX運用も可能な状態」にしておき、ネット閲覧などはむしろポンコツXPマシンを主に活用するという手もある。
また、家庭用ゲーム機のプレイ模様なんかをキャプチャ録画するのであればXPマシンで事足りることもあるだろうから、リアルタイム実況などしない場合は逆に旧式マシンを活用するのもいいだろう。

WIN7も入らないようなシングルコアのポンコツマシンではいまどきのアンチウイルスの常駐監視のせいで重くて使い物にならないのが、いっそオフラインと割り切ってアンチウイルスをやめることで普通に動いたりすることもあるので、さほど負荷の大きな作業でなくなおかつオフラインで問題ないなら逆にXPのサブ機を活用するほうがいいかもしれない。
高性能なメイン機はネットサーフィンと動画閲覧だけでは役不足もいいとこだし、いまどきその程度の作業はスマホやタブレットでも十分すぎるほど可能だ。
メイン機はその性能が十分生かせるような仕事を割り振ってあげよう。
若い奴はしんどい作業でこき使い、年寄りは老体に鞭打って死ぬまで使い倒すのだ!
それが愛情だ!
関連記事

古いWinXPパソコンのストレージだけ近代化するにはPageTopReuse WindowsXP PC @2014-

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ