現在の閲覧者数:
FC2ブログ

古いWinXPパソコンのストレージだけ近代化するには

Win7/8すら入れられない古いWinXPのOSが入ったストレージはだいたいHDDであり、SSDなんてハイカラなものは使われていないものである。
まだまだこれからも長く使っていくにはCMOS電池の消耗とストレージの老朽化が絶対に避けられない。
中身を開けて冷却ファンまわりの清掃もきちんとやるべきであろう。
ノートパソコンならバッテリーが使い物にならなくなるが、別に無くても使えるのでこれは諦めよう。
易pcやチンコパッドなど人気機種は純正バッテリーやなんかが購入可能じゃあるが、決して安いものではないので悩みどころだ。
しかしながらまわりもの機械である光学ドライブ、冷却ファン、HDDの軸なんかは経年劣化でバカになってしまうので、交換せざるを得ない。
光学ドライブなんか今日びUSB外付けでも間に合うし、冷却ファンなら異音がして耳障りなだけかもしれないが、HDDなんかはプラッタとディスクの隙間はタバコの煙の粒子一粒の直径より狭いので「少しでも歪んだら即死」である。

そういうわけでストレージの交換は可能なら是非やっておいた方がいい。
しかし値段は高すぎると問題なので高くても1万円くらいに止めたいだろう。
HDDはできれば新品の方がいいので、SATA規格なら迷わず新品のHDDやSSDを購入すればすむ話である。
だが問題はIDE規格の場合だ。
今時新品のIDEのHDDなどないし、新品のIDEのSSDもあるにはあるが割高だしあまり評判がゲフンゲフン、そこで変換アダプタの出番である。
筐体内部の空間に余裕があるデスクトップならSATA-IDE変換アダプタにSATAのHDDやSSDを繋いで使うのもいいだろう。
しかしノートパソコンの場合はちょっと難しい。
内蔵ストレージを撤去して外付けのHDDやUSBメモリにLinuxを入れるだけにとどめるというならそれでもいいが、折角のWinXPを諦めるのはもったいない。
そこで私がおすすめするのが「mSATAのSSD」か「CFカード(400倍速以上推奨)」にIDE変換アダプタをかませるという方法である。
mSATAのSSDは評判も悪くないので品質的にベストチョイスであるが値段は多少高いので、そんなに金をかけたくない場合は高級デジカメでよく使われるフラッシュメモリの一種であるCF(コンパクトフラッシュ)カードで妥協するといい。
また変換アダプタはいずれの場合も1500円程度だ。
ただしCFカードは単純に導入するだけではダメで、日立から無料で入手できるとあるプログラムを当てないといけないらしい。

めでたく内蔵ストレージの新調が叶ったらあとはWinXPのインスコであるが、面倒だったりそもそもリカバリディスクが無い場合はストレージクローンソフトを導入するしかない。
市販のものでもいいが無料のものもあるので興味があるなら探してみよう。
関連記事

窓とペンギン、さらに緩衝地帯パーティションPageTop2014年もXPパソコンを使い続ける方法

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ