現在の閲覧者数:
FC2ブログ

×火星に水があった→○火星に水がある

だそうです。
詳しいことはググりましょう。

火星に水があるということは
火星に生物がいた(いる)可能性が
より高くなったということである。
地球人の発想ではそうなのである。

じゃあ火星人ってどんな生物なのかって言われると
古臭い考えだと「ホイミン」みたいな外見の連中らしい。
だが某MMR曰く火星の一日がホモサピエンスの
体内時計の一日と一致するとか。ホントかね?
だから実はホモサピエンスは
元々火星出身の生物だった!とかいうトンデモ話。
そうか、ホモサピエンスの先祖は狭ーい火星の資源を食い尽くして
地表をすべて砂漠や荒地にしてしまったので急遽地球に移住し
数倍の重力にうんざりしながら現地の野蛮なサルどもと
村娘を交換したり強姦しながら同居する覚悟を決めたってわけだ。

今のホモサピエンスが地球のサルどもと
当時の火星人のハーフだとすれば
当時の火星人はきっと華奢で体毛も薄い
ぬっぺりしたひ弱そうな姿だったんだろうな。
案外本当にホイミンみたいな感じだったかもしれない。
それがサルの血が混じるうちにほどほどに毛深くたくましく、
そしてほどほどに馬鹿になっていったわけか。

うむ、今日もまた微妙にネジが抜けた記事だった。めでてぇw
関連記事

バカ塚が死んだPageTopfc2ブログのカテゴリ:モナーRPG

Comment

だけどきゃっぺさんの説だとホモサピエンス共はどうやって火星から地球に移動した、という疑問が残ってますよ。

圧倒的に謎ですね。
手段を考えるだけで無数にありそう。

・火星にとって危険地帯である野生王国な地球に旅行した観光客が遭難した
・火星の冒険家(厳密には学者や猟師の類)が遭難して現地で野生化した
・火星の亡命政権が地球にシェルターを形成して住み着いた
・火星の科学文明にウンザリした連中が地球でエコ生活を試みた
・火星の本格的地球移住政策が予算不足などで数便でエターなった

要するに火星の超文明の住人が、白人が未開の地に繰り出すようなノリだったが
そのうち本土の文明がいきなり消滅して地球の奴が孤立した可能性が高いと思う。
おそらく火星の連中の多くが地球に行ったわけじゃなく火星で絶滅したでしょう。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ