現在の閲覧者数:
fc2ブログ

三国志6(WIN)をプレイしている

もうだめだ戦略SLG中毒でtktkに集中し切れてない
一応夏に向けてコツコツ製作は進めてるんだが一気にガーっとはいかない

でギレン(デラーズ編)をクリアして今度は三国志6をやってるわけだ。
戦争で3日分の命令を出して放置する仕様と補給線分断に成功したら
簡単に強大な勢力が倒せることで賛否両論をよんだ作品だ。
私は好きだがな。一騎打ちが熱いし。

難易度は上級、選んだ群雄は荊州4馬鹿太守の一人劉度
配下に息子の劉賢とあの邢道栄がいるが皆弱すぎず強すぎずの能力。

ゲーム開始約一年後には主の劉表から独立し他の3太守をぶちのめし劉表を叩きのめし皇帝の命令で孫権と同盟。
劉表は病死し息子曹操に従属。
これより曹操とほぼ毎月交戦という凄まじい展開になっている。
人徳が最低であり住民反乱や配下の離反が相次ぐため弱い武将でも大事に扱い、攻めてきた曹操の配下を捕らえては「降らなければ処刑」により徐々に敵の戦力をくじいていった。
とてもじゃないが内政なんてまともにやってられず、領土は広いがほとんど値が20以下のありさまである。
毎月毎月内政の行き届いてない荒地で徴兵し(略奪はなぜかする必要がなかった)国土は毎月の戦で荒廃。
住民はまともに働かず反乱に精を出し「おさめてほしけりゃ金出せ」と支配者である私を脅すというヤクザまがいのシノギにせいをだしている。
これがリアルなら地獄絵図だろう。

劉度は寿命で死に、劉賢があとを継いだ。
曹操との激闘の末ついに本人を捕らえて処刑。
跡継ぎはなぜか楽進であった。
まあ、彼よりも古参の奴や親族は大抵死んでるからしょうがないか。
現在、楽進が一人で統治する洛陽以外の拠点は補給千切れでありもうこいつは滅んだも同然。
残る群雄はいずれも同盟継続中の連中である。
一人ひとり同盟破棄してぶっつぶしてやる。

戦略SLGは自分でドラマをつむぐ感じがたまらない。
自分の履歴がRPGのシナリオって感じだ・・・いってて意味わからんが。
関連記事

提督の断念PageTop提督の決断(SFC)を100円で入手

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ