現在の閲覧者数:
FC2ブログ

WinXPは再来年でスタンドアロン確定

このブログの主ときたらそれをわかっていて化石PCに金かけて増強してバカじゃないかと思われる方がいるかもしれない。
今まさに中古PC屋に並んでいるXPマシンなんかWin7がぶっこめないようなガラクタじゃないか全部1万円切ってしかるべきだと思われる方がいるかもしれない。

私とてなんとなくWinXPに長年の愛着があって使い続けているがぶっちゃけWin7に乗り換えたってさほど不便はない気はしている。
Win7のインターフェイスはなんとなく「虚栄的な近代的臭さが鼻につく」ところがあって、泥臭くて野暮ったいWinXPがしっくりくる気分的なものもある。
もとよりINSPIRON1150はスタンドアロンで使う分には大して困らないという現実もあるし、R50eはネットにバンバン繋ぐマシンとはいえHDDの中には大して重要なファイルは残していない。
リカバリ直後の各種ドライバやアップデートや普段使うソフトのインスコ作業は手間だが、R50e用の代わりのHDDなんて中古なら1000円で調達できる。

そんな甘やかされ過ぎのWinXP搭載マシンだが、2014年4月には「実用に足る軽量級&中量級Linux搭載の実験台」という華やかな老後が待っているのだ。
恐らくその時代においてもLinuxディストリビューション開発はまだまだ盛んに行われるだろうし、偉大過ぎる一時代を築いたWinXPのご勇退という時代の機運を汲み取り、XPマシン再利用ユーザ層を当てにしたネット接続前提のOS開発が盛んになる可能性は高いだろう。
WinVistaの糞さがイギリスの重量級Linux「Ubuntu」の台頭を招いたように、また何らかのLinuxディストリビューションが群雄割拠の中から頭角を現し、WinXP再利用のニーズを掻っ攫っていく可能性が高い。
その時には私もおこぼれを頂戴しようと思っている。
このR50eへの投資やパピーリナックス動作実験はそれへの布石のつもりだ。

ちなみに昨今のLinuxの世界ではUbuntuはふざけた方向に進んだとされて失望感が漂っている上に、Win7登場によってその存在意義が揺らぎつつあるようだ。
次のLinuxをリードするのはアイルランドの中量級「Linux Mint」だと現状ではささやかれているようだが果たして…!?
関連記事

第1520回「今の時期、長袖?半袖?」PageTopR50eのメモリを1GBに増強!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ