現在の閲覧者数:
FC2ブログ

せっかくなのでLinuxBean競合相手も試してみようかな

LinuxBean(通称リナ豆)が公に競合相手として名を連ねているのがLubuntu(通称ルブ)とEcoLinux(通称エコ)とBodhiLinux(通称菩提)である。

ルブはUbuntuの公式派生種であり、俗に言う「Ubuntuファミリーの末っ子」の最も軽いモデルとされている。
しかし必要スペックは他に兄弟に比べればともかくあまたの軽量級を名乗るLinuxディストリビューションの中ではぜんぜん重いほうだと思われる。
まあいたれりつくせりのUbuntuが多少軽快に動くようになったと考えればいいんじゃなかろうか。

エコは日本の当時高校生が発表したUbuntu派生の軽量級で、容量をあまり食わないらしいがRAM消費量は特に優れてるわけでもないらしい。
通常バージョンの他、初心者向けモデルの-EZと上級者向けのさらに軽量化されたモデルである-Lightが存在する。
一時代を築いた存在なのは確からしいのだが、失礼ながら微妙にオワコン扱いされてる気がするなぁ。

菩提は日本製ではなく日本語化が微妙に面倒らしいが初期はブラウザくらいしか搭載していないという思い切った軽量級で、ヴィジュアル性の高さが評価されているらしい。
ただその割には本体が500MBあるというのはなぜか?

他にもググってみると比較対象としてSwiftLinuxKonaLinuxがあげられているようだ。

SwiftLinuxも外国製で日本語化が面倒らしいが、リナ豆より容量はかさばるがメモリ消費量は勝っているらしい。
現行の0.2.0では種類がいくつかあって、レギュラー、ダイエット、ミネソタ、テイラー、シカゴ、シリコンバレーが存在する。
名前の由来はやはりあの女性カントリー歌手テイラー・スウィフトなんだろうか?www

KonaLinuxはいっこうにHDDインスコ対応がなされないWindOSに業を煮やしたある日本人がHDDインスコできるようにそれを改造したものらしい。
ちなみに名前の由来はハワイ産のコナコーヒー(ただコーヒー好きなだけでそれ以上の意味はない)とのこと。

あまりUSBメモリの寿命を縮めるのもどうかと思うので、外付けHDDで代用できないかやってみたいと思う。
もっとも起動時間が結構長くなる可能性は高いが。
いやそれ以上にこのHDDケースはUSB端子を2つ(電源用の道とデータ用の道)も使うのがなんかあれなんだな。
関連記事

当分INSPIRON1150はWindOSでやっていこうPageTopLinuxBeanがUSBメモリ内部で完結するのを確認した!

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

ブログの更新率

プロフィール

cappesoft

Author:cappesoft




2ちゃんねるモナー板のAAを用いたゲームを作っている
キャプテンペガサス(きゃっぺ)◆do7wOyQeJkと申します。

ここは自作ゲームのネタ晴らしや独り言が中心のブログです。
まあよろしき。

<公式HP>
キャッペソフトHP

最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック

ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
LinuxBean更新情報

    RSSデータ読み込み中……

RSSフィード
カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


全記事表示リンク
ブログ内検索

Tree-CATEGORY

LINK
QRコード

QRコード

月別アーカイブ